お米の研ぎ方でご飯はもっと美味しく

日本人の主食であるお米は、多くの人に親しまれている食品の一つです。毎日のようにお米を炊いていると思いますが、お米は研ぎ方一つで味を左右させてしまう程に繊細な食べ物です。
こちらでは、美味しいご飯にするためのお米の研ぎ方をご紹介いたしますので、ぜひご参考にしてください。

○初めは手早く洗い流す

精米されたお米は初めて水に触れた瞬間から、勢いよく水分を吸い上げようとします。その際、お米についているヌカが含まれた水を、吸い上げさせないことがポイントです。

そのためには、ザルにお米を入れボウルにはった水の中に手早く潜らせて、2〜3回くらいかき混ぜてすぐにザルをあげるようにしましょう。
このようにすることで、お米の表面を綺麗にすることができます。

○研ぎ過ぎに気をつける

お米は研げば研ぐほど美味しくなると考えている方も多いのではないでしょうか。昔はそのような話が合ったようですが、現在は精米技術が進んでいるので、しっかりと研ぐというよりも優しく洗うということが大切です。

指を立て優しく円を描くようにかき混ぜて、10回に1回の割合で水を入れかえます。これを3〜4回行うくらいで十分ですので、くれぐれも研ぎ過ぎには気をつけましょう。

○水切りと給水の重要性

お米を研ぎお終えたら、5分くらいかけて水切りをしっかりとします。
その後、お米の量の1.2倍分の水を加えますが、そこから30分ほど給水することが重要です。水切りをしっかりと行う理由は、お米を再び水に浸けたときに、吸水性を良くするために行います。
給水は、芯からふっくらしたお米に炊き上げるために行います。

このような行程でお米を研ぐと、美味しいお米がさらに美味しく炊き上がりますので、あまりお米の研ぎ方に気を使っていなかったという方は、お試しになってみてはいかがでしょうか。

当ショップは新潟の魚沼産や岩船産などの高級ブランド米や減農薬、減化学肥料の特別栽培米キラキラコシヒカリなどの美味しいお米を、便利な通販にて取り扱っております。
美味しい新潟のお米を皆様にお届けするため、日々邁進しておりますので、ぜひ当ショップをご利用ください。