様々な栽培方法に関する基礎知識

○特別栽培と有機栽培の違い

様々な栽培方法に関する基礎知識

お米の育て方は、農薬や化学肥料を全く使用していない「有機栽培」と、農薬や化学肥料の使用量を減らした「特別栽培」の2種類に分けられます。

有機栽培と特別栽培を同じ意味として捉えている方は少なくはありませんが、この2つには明確な違いがあります。

商品に有機栽培と表示する場合、JAS(日本農林規格)によって定められた条件をクリアすることによって、初めて有機農産物の印をつけることができます。

一方、特別栽培の農産物は有機栽培のようにJAS認証制度はなく、表示については農林水産省のガイドラインにて定められています。

○特別栽培の種類

特別栽培の種類

特別栽培は大きく分けて4種類に分類されます。

それぞれ特徴は異なりますので、お米を購入する際は表示方法に注目することをおすすめします。

減化学肥料栽培

減化学肥料栽培とは、化学合成した肥料の使用量を半分以下で栽培した農産物のことを指します。化学肥料のみを制限しているため、農薬の使用に関しては自由であると定められています。

減農薬栽培

減農薬栽培は減化学肥料栽培と同様に、化学合成した農薬の使用量を半分以下に抑えた栽培方法です。農薬に関する制限のため、肥料の使用は問いません。

減農薬・減化学肥料栽培

農薬と化学肥料の使用量を半分に抑えた栽培方法です。農薬・化学肥料どちらの使用量も抑えているため、通常のお米よりも安全に食べることができます。

減農薬・無化学肥料栽培

農薬の使用量を半分に減らし、化学肥料を一切使用せずに栽培する方法です。減農薬・減化学肥料栽培と同じように、安全性にこだわりがある方におすすめです。

当ショップでは、通販にて新潟産コシヒカリを取り扱っております。
新潟産コシヒカリの中でも、高級品の魚沼産や特別栽培米であるコシヒカリ玄米など、様々な種類のお米を販売しております。

自然溢れる土地で育った新潟産のおいしい白米や玄米をお探しの際は、ぜひ当ショップをご利用ください。