JA新潟市キラキラマーケットオンラインショップ
 
 
会社紹介
 

JA新潟市 いくとぴあ食花キラキラマーケット

 

こんにちは、キラキラマーケットです。


これまでJA新潟市が大切にしてきた「農家を育てる」「農と食をつなぐ」を
発信する場として、新潟市中央区清五郎地区
鳥屋野潟の畔に位置する
いくとぴあ食花内で2014年6月 農産物直売所としてオープンしました。

 

機械を使わず手作業でラベル張りなどを行います















 

農家直送だから新鮮野菜をお届け

 

キラキラマーケットの朝は忙しい
朝、空っぽだった陳列棚は開店時間10時までに瑞々しい新鮮な野菜で埋め尽くされる。
その日に売る物はその日に入荷して、夕方には売れる。毎日がその繰り返し
毎朝農家が採れたてを運んで、
大切に育てた野菜をひとつひとつ丁寧に棚に陳列していきます。
みんないい顔しています。いきいきしています。



そうやって活気と共に想いの詰まった野菜が入ってきます。
だからキラキラマーケットに並ぶ野菜にはそれぞれのストーリーがあります。
そのストーリーを農家から、消費者の皆様に「繋ぐ」という役割を
私たちJA新潟市キラキラマーケットは担っています。

 

お店

 

田園都市で育った自慢のお米   


今年も秋の豊かな実りを目指して農家が動き出します。
少しずつ姿をあらわしてくる時期からが農家の米作りの始まりです。
冬の真っ白な雪で覆われた田んぼは春の雪解けとともに
半年間見守られながら育つ「新潟コシヒカリ」

 水かがみ











 

そうやって先祖から代々受け継いだ田んぼで米作りが行われている。
そして今年も1年無事に終わって良かったと神に感謝し、また長い冬を迎える。
稲刈りです。
夏に緑色だった田んぼは、秋になると一面黄金色の稲穂で覆い尽くされます。
農家はそうやって収穫まで自分の植えた稲をずっと気にかけています。
「台風は来ないだろか?」
「今日の天気はどうだ?」「明日は晴れるだろうか雨は降るだろうか」
そして毎朝田んぼを巡って水管理をする。
桜の咲く頃には田を耕して、水を引き、そして苗を植える。


私たちが大切にしていること


「生産者と、消費者を繋ぐ。」
新潟の農家が育てたものの魅力を消費者に伝え、
農家×JA新潟市×消費者をつなげることで
美味しい物をより美味しく感じてもらえたり
知らなかった新潟の特産品を知ってもらえたり
 
何気ない日常の中に、キラキラマーケットが
皆様の食卓に「小さな幸せ」をお届け致します。
 

 

新潟産の米の通販なら「キラキラマーケット」へ

サイト名 JA新潟市キラキラマーケットオンラインショップ
住所 〒950-0933 新潟県新潟市中央区清五郎336 
TEL 025-384-8487 (平日8:30〜17:00)
メールアドレス kirakira.ja.niigatashi3@gmail.com
URL http://www.ja-niigatashi.jp