炊きたてコシヒカリの美味しさを逃さない方法

炊きたてコシヒカリの美味しさを逃さない方法

お米は日本人の主食として古くから愛されてきました。お米の種類にも様々ありますが、その中でも多くの支持を得ているお米がコシヒカリです。

炊きたてが一番おいしいとされているコシヒカリですが、朝食や夕食で残ってしまい保存にお悩みになることもあるかもしれません。こちらでは、炊きたてのコシヒカリのおいしい状態を保ったまま保存する方法をご紹介いたします。

○誤った保存方法とは?

誤った保存方法とは?

炊いたお米が余った際の保存方法として、冷蔵や保温、常温といくつか候補を挙げることができます。その中でも、炊きたてのおいしい状態を保つためには、冷凍保存が一番適しているとされています。

最も適切な保存方法とも思える冷蔵保存は、お米に含まれるでんぷんの老化を早めてしまいます。また、炊飯器の保温機能を利用して保存する方法はでんぷん化に繋がるだけでなく、乾燥や変色、異臭の原因になります。

このことから、おいしい状態を保つためには冷凍が適切であると言えます。

○正しい冷凍方法

炊きたてのお米を冷凍する際はまず、味が劣化する前にラップに包んで乾燥を防ぎます。この時、一度に多くのお米を保存するのではなく、お茶碗一杯分など小分けにして、お米が潰れないように軽く包むことが大切です。

ラップで包み終わった後は、冷凍庫の他の食材を傷めないように粗熱をとります。粗熱がとれたら冷凍庫に入れて冷凍していきますが、その際にアルミホイルなどを敷いておくことで、冷凍時間の短縮にも繋がります。お米のおいしさを閉じ込めるためにもおすすめです。

○解凍のポイント

冷凍したお米をおいしい状態に戻すためには、解凍が鍵を握ります。
解凍と言えば、多くの方が自然解凍を想像すると思いますが、自然解凍だとお米の味が徐々に劣化してしまいます。

そのため、冷凍されたまま電子レンジで加熱していくことがポイントです。炊いた時のご飯の固さによって加熱時間は異なるため、お米の状態に合わせて調節することが、おいしい状態を保ったまま解凍するコツです。

通販サイトの当ショップでは、魚沼産岩船産のコシヒカリを産地直送にてお届けいたします。当ショップでは農薬や化学肥料の使用量を減らすことに努めており、お子様から大人まで安心してお召し上がりいただけます。

最高級ブランド米の魚沼産コシヒカリをお探しの際は、ぜひ当ショップの魚沼産コシヒカリをお試しください。