白米・玄米で上手におにぎりを作るコツ

お米の味をシンプルに楽しめる料理として、おにぎりがあります。
手軽に作ることができますので、誰でも一度は作ったことがあるのではないでしょうか。

しかし、形が上手く整わなかったり、お米の固さがバラバラになったりと、上手に作ることができないという悩みも聞かれます。こちらでは、白米や玄米でおにぎりを作るコツをご紹介します。おいしいおにぎりを作りたいとお考えの際は参考にしてみてください。

○おにぎりに適したお米の炊き方

おにぎりに適したお米の炊き方

おにぎりをおいしく作るためにはまず、炊き方に注意する必要があります。
白米でおにぎりを作る際は、水を少なめに入れることがおいしく炊くコツです。

水気が多すぎると粘り気が強くなってしまい、柔らかすぎる仕上がりになるため、水分の調節に気をつける必要があります。

一方、玄米は水が少ないとパサパサとした食感になります。そのため、玄米でおにぎりを作る際は、水を少し多めに入れて炊くことがポイントです。

玄米は発芽時にアクのような成分を出すため、おいしくないように感じることがありますが、炊飯時に天然塩を加えると味を緩和してくれます。

○お米が炊けた後のポイント

炊きあがったばかりのお米は水分バランスが安定していないため、味や食感にバラつきが出ます。お米が炊きあがった後は、お米の水分バランスや炊きあがり具合を均一にする必要があります。

内側と外側で炊きあがりの状態はバラバラのため、しゃもじでさっくりとほぐすように混ぜてバランスを整えることが、おいしいおにぎりを作るためのポイントです。

○おいしいおにぎりの握り方

おいしいおにぎりの握り方

おにぎりの形を作る際に、しっかりと形を作ろうと固く握ってしまう方は少なくはありません。固く握ってしまうとお米の粒が潰れ、食感が悪くなってしまいます。

お米を握る際は、お米の粒を潰さないように軽く握るようにしましょう。
内側に力が入らないように外側を握ることによって、形が整った綺麗なおにぎりを作ることができます。

形を保ちつつも柔らかな食感を楽しめることが、おいしいおにぎりの作り方です。

おいしいおにぎりを作るために白米や玄米をお探しの際は、当ショップの通販をご利用ください。当ショップでは新潟産コシヒカリを扱っており、白米と玄米のどちらも販売しております。

新潟の自然豊かな土地で育ったお米となっているため、お米にこだわりがある方もおいしくお召し上がりいただけます。新潟産コシヒカリの中でも高級品である魚沼産も扱っていますので、新潟産のおいしいお米をお探しの際はぜひ当ショップでお買い求めください。