お米のブランドについて

お米の生産が盛んな日本において、ブランド米は数多く存在しています。日本の各都道府県でそれぞれの地域の特色を活かしてお米を生産し、ブランド米として販売しているのです。ブランド米によって味や風味は異なるので、食べ比べてみることで風味の違いを実感する事が出来ると思います。

○定番のお米ブランド

お米には品種、産地によって違ったお米をブレンドしているブレンド米と、ブレンドは一切行わず一つの銘柄のみを入れているブランド米などがあります。

日本を代表するブランド米としてコシヒカリ、ささにしき、ひとめぼれが挙げられます。その中でもコシヒカリは、昭和から平成にかけて北は東北、南は九州まで日本の幅広い地域で栽培されている品種です。

全国的に人気が高い品種ですが、その理由として「美味しいお米に必要なバランス」が整っている点が挙げられます。でんぷんの主成分にアミロースとアミノペクチンがあります。

アミロースの割合が高いお米は粘りが少なく、アミノペクチンの割合が高いお米は粘りが強いと考えられています。この両方の数値のバランスがよくなければ絶妙な粘りは生まれません。また、お米に含まれる水分量も風味を左右する要素です。多くの方に親しまれているコシヒカリは、トータルでバランスが取れていると言えます。

○次々に登場する新種のお米

より良いお米を生み出す為に、日々お米の品種改良が行われています。例えば、こしいぶきも新潟米の新品種です。こしいぶきは新潟県が平成5年に開発に着手し、平成13年から一般栽培されています。

こしいぶきの特徴はコシヒカリに匹敵する美味しさです。コシヒカリよりも早く実り、もみが実る時期に気温が高くても品質が低下しない良さも兼ね備えているのです。

新潟産のコシヒカリ・こしいぶきをお探しなら、通販を行う当ショップをご利用ください。当ショップでは新潟産のお米を専門に販売しています。減農薬・減化学肥料の米作りを推進しておりますので、安心して食べられる美味しいお米をお探しの方は、お気軽にご利用ください。